メキシコペソの相場予想

メキシコペソ円のチャートにダブルボトム現る

ペソ円チャートに買い合図!高値圏のダブルボトム登場

メキシコ大統領選挙から約3か月。メキシコペソの為替チャートは調整局面にありました。しかし、ただの調整ではありません。今後のペソ高が期待できるダブルボトムのチャートパターンを描いているのです。

FXにおいてダブルボトムのチャートは底堅い展開を示唆しています。それがメキシコペソ円のチャートでは高値圏で現れました。今後のペソ高が非常に期待できる状況です。

そんな訳で、今回はダブルボトムの攻略法を紹介がてら、ペソ円チャートの見通しを解説したいと思います。

  1. メキシコペソ円にダブルボトム現る
  2. FXにおけるダブルボトムの攻略法
  3. ペソ高に期待高まるNAFTA締結

メキシコペソ円にダブルボトム現る

最初にFXのチャートから。以下は9月末の時点で確認できているメキシコペソ円の日足チャートです。チャートに書き込んだ通り、見事な高値圏のダブルボトムを描いています。

メキシコペソ円でダブルボトムが登場

このダブルボトムですが、本来的には底堅い展開を示す反転の合図です。ただ、高値圏で現れた場合は調整局面を意味し、なおかつ今後の高値ブレークを示唆するチャートパターンです。これが出たら儲けもの。ペソ円チャートで上値ブレークを狙うことができます。
現在の状況としては、ネックラインをブレークして小休止している状態です。ただし、小休止はあくまで短期間に過ぎません。短い調整局面が終了した後は一気に為替レートが動く展開が予想されます。まさに今が買い時という訳です。

そんな訳で、以下にはダブルボトムの攻略法を解説したいと思います。

FXにおけるダブルボトムの攻略法

ダブルボトムを模擬的に表すと以下の図のようになります。まずは図を見てください。各部の名称を書き入れてみました。厳密には1番底で反発し、2番底が確認できた時点でダブルボトムのチャートパターンが確定します。

ダブルボトムの名称

ポイントとなるのは、ネックラインをブレークした後に大きく上昇する性質があることですね。これを見越して買いを入れるのがFXにおける常套手段となっています。図に示すと以下の通りです。

ダブルボトムの買いポイント

現在のメキシコペソは買いポイント2の位置にあります。ポイント1は過ぎてしまいましたが、まだまだ上昇余地が残る状況です。少なくとも管理人はここで買いを入れてみました。後述する材料とペソ高の未来に期待した結果です。

さて、もう一度ペソ円のチャートと睨めっこしてみてください。ダブルボトムのチャートパターンを形成し、今から高値をブレークするとの予想ができませんか。ここら辺はFXトレードの基本となる知識です。初心者の方ほど、よく覚えておいてください。

メキシコペソ円でダブルボトムが登場

ペソ高に期待高まるNAFTA締結

では、調整後に来るペソ高の材料はなんでしょう。管理人はズバリNAFTA締結だと考えます。長らく迷走を続けてきた米国とのNAFTA再交渉ですが、現在はすでに大筋合意が固まっています。後は締結を待つのみです。正式に条約が交わされればそれに従い、為替レートが上がっていくと予想します。

実際問題、海外紙ではメキシコとアメリカが貿易条約を結ぶ予定であると報道されています。カナダがまだ交渉の途中ですが、メキシコはそれとは独立して単独締結に向けて動き出しています。この件については、先日の記事でも紹介しました。

そのような訳で、NAFTA締結に期待してペソ買い。管理人のトレード戦略はそのようになっています。読者の方も興味がありましたら、ペソ買いの手を一考してみてはいかがでしょうか。スワップ運用のポジションも仕込むなら今のうちですよ。

関連記事:メキシコペソ円のトレードができるFX会社まとめ

※本記事は筆者の主観的な内容を多分に含む文章です。FXは元本割れのリスクがある金融商品です。投資に当たってはご自身で最終判断を行ってください。

関連記事

  1. NAFTA再交渉の期待でメキシコペソが買われる

    移動平均線で分析~メキシコペソ押し目待ち!

  2. パウエル発言でメキシコペソ買い始まるか

    パウエル発言でメキシコペソに買いシグナル

  3. トランプ関税でメキシコペソが動く

    トランプ関税の適用除外でメキシコペソが動き出す

  4. メキシコペソのトレンドは疑心暗鬼で始まる

    ペソ買いのFXトレンドは疑心暗鬼の中で育つ

  5. メキシコ中銀が政策金利引き上げへ

    政策金利引き上げ8.0%へ【メキシコペソどうなる?】

  6. FOMC通貨でもメキシコペソは順調推移

    【FOMC通過】米金利拡大でもメキシコペソは底堅い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP