FX豆知識

メキシコペソの長期チャートデータ

メキシコペソの10年チャートを見る方法

このページでは、メキシコペソ長期チャートを確認できるFX会社を紹介します。

メキシコペソのような新興国通貨はスワップポイントが魅力です。スプレッドの高さも相まり、トレード手法は長期に渡って保有するスタイルになりがちです。その場合、特定の金融イベントや経済動向を把握しておくと、取引の意思決定がスムーズに行えます。

ここでは、イベントや経済動向に絡んだ為替レートの推移を確認するための長期データを手に入れる方法を解説します。FX会社提供のチャートデータが基本です。

  1. デューカスコピー・ジャパンの10年チャート
  2. MetaTrader4で見るならOANDA Japanで
  3. メキシコペソ円ならマネーパートナーズで

デューカスコピー・ジャパンの10年チャート

最初にFX会社のチャートを通じてメキシコペソの為替レート推移を確認する方法を解説します。メキシコペソ10年の値動きを確認できるFX会社はデューカスコピー・ジャパンです。以下の通り、独自のFXチャートで長期の値動きを見ることができます。

デューカスコピー・ジャパンのドルペソ長期チャート

提供されているデータはドルペソ(USD/MXN)の通貨ペアです。古くは1999年にまで遡りますね。10年チャートと言いながら、実は20年近いデータの蓄積がある訳です。日本のFX黎明期にまで遡ってチャートを振り返ることができます。

デューカスコピー・ジャパンの良い点は、チャートデータのダウンロードサービスを提供している点です。FX口座を持っていればチャートツールと一緒に利用可能で、なんと1分足のデータも入手可能なんです。FXの検証をするのにもってこいのサービスですので、その分野のFXトレーダーに高く評価されています。

デューカスコピー・ジャパンのPRページはこちら[PR]

MetaTrader4で見るならOANDA Japanで

チャートデータを確認する方法として、MetaTrader4を愛用している方もいるかも知れません。MetaTrader4(通称MT4)は最も汎用性の高いチャート分析ツールです。ポイントは、特定のFX会社でMT4対応口座を持っていれば、そのままデータをMT4に映すことができる点ですね。

メキシコペソの場合、OANDA Japanがドルペソ(USD/MXN)通貨ペアの長期データを提供しています。一番古いデータが2002年からのチャートとなります。当然ながら、そのままMT4上でトレードすることも可能です。

ドルペソUSDMXNのMT4長期チャート

MT4の良い所は、過去データの検証や売買シグナルの表示を行うことができる点ですね。手法の検証については、ドル円やユーロドルなどのメジャー通貨が一般的です。ただ、管理人の場合はメキシコペソやトルコリラのような新興国通貨でも売買手法を検証していますよ。

OANDA Japanは、そんなバックテストや自動売買に熱心なトレーダーから評価の高いFX会社です。

OANDA JapanのFX口座(準備中)

メキシコペソ円ならマネーパートナーズで

最後にメキシコペソ円の長期チャートを確認する方法をご紹介します。前述の2社はドルペソ(USD/TRY)のみの扱いでした。

リンク:マネーパートナーズのPRページはこちら [PR]

ならメキシコペソ円の10年チャートを確認することができます。

マネーパートナーズのメキシコペソ円長期チャート

もっとも古いデータは1999年。やはり日本のFX黎明にまで遡った過去までデータが提供されています。

マネーパートナーズは、ペソ円のスワップポイントも高く設定されていて、メキシコペソに注力しているように思います。トルコリラや南アフリカランドも扱っているので、金利通貨好きの方におすすめのFX会社です。

リンク:マネーパートナーズのPRページはこちら [PR]

関連記事

  1. 失業率の推移とメキシコ投資

    雇用統計指数の推移からメキシコ投資を考える

  2. メキシコ中銀と経済政策・金利誘導

    メキシコのインフレ率と中銀の経済政策

  3. メキシコの財政収支今後の予想

    メキシコ経済の経常収支と財政収支

  4. メキシコペソの取引で気を付けること

    メキシコペソのFXトレードで気を付けるべき4か条

  5. メキシコ10年間の金融政策と中銀動向

    メキシコ金融政策と10年間の経済動向

  6. メキシコペソスワップ運用の注意点

    スワップ運用のリスク調整をすべき時期

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP