ブログ

2018年のFXメキシコペソトレンド要因

メキシコペソのFXトレンド要因2018年版

2018年も第1四半期を終え、大まかな傾向分析が整ってきました。2018年はメキシコペソにとって大きな年です。特に夏に控えたビッグイベントは見逃せないトレンド要因となっています。

メキシコ経済を動かすファンダメンタルズ要因は大きく分けて3つ。一つはNAFTA再交渉の経過具合。もう一つは大統領選挙の動向。そして、利上げが始まった米国の金利動向です。

今回はまとめとして、2018年のメキシコペソを占うファンダメンタルズ要因を解説していきたいと思います。

  1. NAFTA再交渉の進捗程度
  2. 夏に控えた大統領選挙
  3. 米国の金利引き上げのスピード
  4. 終わりに

NAFTA再交渉の進捗程度

最初に紹介するのは、NAFTA再交渉の材料です。米国のトランプ大統領がNAFTAからの離脱を匂わせ、メキシコ・カナダの交渉具合がFXトレンドを作る大きな要因となっています。当然、当事者となるメキシコ経済にとって、大きな難問でもあります。

既に交渉は最終ラウンドに入っています。最近になってトーンダウンしたものの、トランプ大統領の一言一句が見逃せない状況には変わりありません。万が一、米国のNAFTA離脱となれば、メキシコ経済に大きな悪影響を与えることが試算されています(試算の程度はマイナス2%)。

トランプ発言でメキシコペソ大ピンチ

仮に米国がNAFTAを離脱するとしても、二国間交渉に移るだけで多勢に影響はないという言説もあります。ただ、たかだか2%と言えども、その延長線上に米国とメキシコの経済が分裂されるリスクをはらむため、ニュースとしてはかなりネガティブな材料として扱われます。特に最近多いのが、トランプ大統領のネガティブ発言によるペソ急落の影響です。

以上のようなリスクを考えれば、2018年のトレードはNAFTA交渉が終わってからじっくり取り組むというのも一つの手です。リスクテイクが好きなアグレッシブな方は、急落直後の押し目を拾うのも良いですね。ただ、FXのトレンド要因としては「どこまでもペソ買い」とはならない材料であることは頭に入れておきたい所です。

夏に控えた大統領選挙

同じく、現在のリスク要因となっているのが7月に控えたメキシコ大統領選挙です。現在は、左派・改革派のオブラドル候補がダントツ人気であるため、市場はトレードを手控えている状況です。というのも、左派候補が大統領となれば、従来の経済政策を180度ひっくり返す可能性もあるからです。

以下は、各候補の概要と世論調査から得られた支持率の程度をまとめた図です。

メキシコ大統領選の候補と人気度(4月支持率追加版)

FXの実際問題として、選挙がある年は動かないという説あります。確かに、上記の世論調査が発表された直後に好調だったペソ買いトレンドが止まったという時事もありました。ただ、得てして選挙が終わればどこ吹く風。新政権への期待から、メキシコ関係の資産は大きく買われるものと予想します。

メキシコペソ2018年のイメージ

上記は、NAFTA交渉と大統領選挙を見据えてのトレンド予想です。ご覧の通り、管理人個人は選挙終了後にペソが大きく買われる展開を予想しています。既に左派勝利のシナリオも徐々に織り込まれつつあります。リスク織り込み後に選挙イベント終了となれば、実に買いトレンドが発生しやすい展開となるのではないでしょうか。チャート分析と併せて注視していきたい動向です。

米国の金利引き上げのスピード

最後にメキシコ外部の経済要因を解説してみます。影響度が最も大きいのは、やはり投資大国アメリカの利上げ進捗度でしょう。特に外部資本を集めるメキシコにとって、隣国アメリカの景気の善し悪しは決して外せないトレンド要因です。

米国の景気動向を知る上で重要なポイントが、金利の引き上げスピードです。アメリカは既に金融緩和を終え、バブルを抑えるための引き締め局面に入っています。基本的に景気が良ければ金利を引き上げるため、金利の引き上げで市場のリスクテイクが促されるというメカニズムが働きます。

最近では誤解されがちですが、本来、金利の引き上げは歓迎要件です。この点、FOMC議事録や米国のドットチャートを見たりすることで、FRBの動向を見通すことができます。日本の経済ニュースでも流れる話題ですので、見逃さないように注視していきましょう。

終わりに

以上の通り、2018年のメキシコペソを左右する3大ファンダメンタルズ要因を挙げてみました。とにもかくにも、今は準備の時でしょうか。個人的には、チャートを見ながらの安値買いが非常に面白いトレードになっています。

以下は、現在のドル対メキシコペソのチャートです。

ドルメキシコペソはトレンドラインを意識した値動き

個人的な分析結果としては、現在は保ちあいの状況だと考えます。裏を返せば、大きなトレンドは発生しない訳で、安値で買うとうまくリバウンドで利益が出る相場だとも考えられます。管理人は、その前提で安値買いと高値売りを繰り返しています。

最終的には選挙が終わり、三角持ち合いが解消されたころがペソ買いトレンドの発生するタイミングでしょうか。夏の選挙結果が待ち遠しくなりますね。非常に期待が高まる局面です。

以上、2018年のトレンド要因を解説しました。FXでメキシコペソを買うなら外せないトレンド材料ですね。メキシコペソのチャート分析に興味のある方は、以下の記事も読んでみてください。

参考記事:メキシコペソのチャートが見れるFX会社

関連記事

  1. メキシコ2018年3月の重要イベント

  2. メキシコペソのチャートを見る方法

    メキシコペソのチャートが見れるFX会社【2選】

  3. メキシコペソの長期トレンドが生まれた過去

    メキシコペソの長期トレンドは米国金利の利上げで始まる

  4. メキシコペソのトレンドは疑心暗鬼で始まる

    ペソ買いのFXトレンドは疑心暗鬼の中で育つ

  5. メキシコペソ円がくりっく365に上場

    くりっく365でメキシコペソが取引開始

  6. メキシコの政策金利が高い理由

    メキシコ中銀が政策金利を上げるワケ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP