トレード手法

メキシコペソのドルコスト平均法

メキシコペソの積み立て手法と分割計算

このページでは、メキシコペソを積み立て投資について解説したいと思います。

メキシコペソはFX通貨の中でも高い金利が魅力の通貨ペアです。長期間にわたってスワップポイントを貯めたり、定額の通貨量をコツコツ毎月買い増したりと、スワップポイントの魅力を生かした投資法と相性の良い金融商品です。

そんな投資手法のひとつとして、ドルコスト平均法というメジャーな積み立て手法が知られています。今回は、ドルコスト平均法を使った積み立てのやり方を解説したいと思います。

  1. ドルコスト平均法について
  2. ドルコスト方の分割計算
  3. 1,000通貨取引ができるFX会社

ドルコスト平均法について

最初にドルコスト平均法の概要から説明していきましょう。ドルコスト平均法の基本は、「毎月、一定金額だけ買い付ける」です。

そんなの当たり前じゃないか?と思われるかも知れません。ところが、メキシコペソのようなレート変動のある金融商品では、結構重要な内容なのです。というのも、為替レートの変動値によって、買い付けるメキシコペソの量が変わってくるからです。

例えば、以下の計算です。

  • 3万円でメキシコペソを買い付けるとしたら・・・
  • 1ペソ=10円のときは ⇒ 3,000ペソ買うことができる
  • 1ペソ=8円のときは ⇒ 3,750ペソ買うことができる
  • さらにレバレッジを2倍にしたら ⇒ 7,500ペソ買うことができる

ご覧の通り、メキシコペソの為替レート次第で買いポジションの量が変わってくるのですね。さらにFXの場合、レバレッジが使えますから、その計算方法も理解しておかねばなりません。積み立て手法と言えども、いろいろと奥が深いものがあるのです。

ドルコスト方の分割計算

前述の通り、FXのドルコスト平均法については、いささか面倒な計算があることが分かりました。そこで、以降に具体的な計算方法を交えてドルコスト平均法を解説したいと思います。

まずは、前提条件です。以下をご覧ください。

  • 毎月の買い付け金額:30,000円
  • レバレッジ:5倍固定
  • メキシコペソの為替レート:MXN/JPY=5.946

前提条件から解説しましょう。

毎月の買い付け金額

まず、ドルコスト平均法では毎月の買い付け金額を固定します。今回は、毎月30,000円だけ捻出すると決めました。これはご自身の都合に合わせてもらってOKです。

別に毎月でなくとも構いません。ボーナスが出た時限定であってもよいですし、2ヵ月に一回という方法もアリです。ただ、かならず一定期間に分けて買い付けることがドルコスト平均法の成立条件として必要です。気まぐれ買いは×です。

レバレッジ

次にレバレッジです。レバレッジはFXだと25倍まで掛けることができます。簡単に言って、資金の25倍まで商品を買い付けることができるという意味です。ただし、積み立て手法のように長い期間を掛ける投資ではレバレッジを抑えるのが基本です。理由は、期間が長いほど為替レートの変動幅も大きいためです。

レバレッジを掛けすぎると、損失が膨れ上がる可能性もあります。そこで、ここではレバレッジを5倍に抑えました。

メキシコペソの為替レート

今回は仮にMXN/JPY=5.946として計算します。これは「1ペソ=5.946円」という為替レートを示しています。ペソの通貨記号は”MXN”です。

当然、為替レートは経済情勢によって変動する値です。その時々の為替レートを調べて、計算に利用してください。

さて、肝心の計算に移りましょう。まずは、資金30,000をレバレッジで3倍にします。

30,000【円】 × レバレッジ5倍 = 150,000【円】

次に、上記の買い付け金額をメキシコペソの為替レートで割ります。

150,000【円】 ÷ 5.946【円/ペソ】 = 25,227【ペソ】

最後に10,000通貨未満を四捨五入してしまいましょう。今回の計算で買い付けることができるメキシコペソのポジション量は20,000ペソとなります。

ドルコスト平均法におすすめのFX会社

最後にドルコスト平均法におすすめのFX会社を紹介しましょう。やはり基本は、スワップポイントの高いところです。

そこでスワップポイント表を用意しました。以下の表にはメキシコペソ取り扱い各社のスワップポイントと公式PRページへのリンクが貼ってあります。これをご覧になって、スワップポイント上位のFX会社を探すことをおすすめします。

FX会社買いポジ売りポジ備考
更新日:2019.3.5
みんなのFX160-160取引単位:1,000通貨
マネーパートナーズ70-110取引単位:1万通貨
GMOクリック証券127-127くりっく365
ヒロセ通商180-380取引単位:1万通貨
OANDA Japan92-146取引単位:1通貨

関連記事

  1. メキシコペソの金利利益を活かした投資手法

    メキシコペソの高金利を活かすスワップ運用

  2. メキシコペソの長期トレンドが生まれた過去

    メキシコペソの長期トレンドは米国金利の利上げで始まる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP