FX豆知識

メキシコペソの取引で気を付けること

メキシコペソのFXトレードで気を付けるべき4か条

メキシコペソはスワップポイントが大変魅力的な通貨です。ただ、取引で気を付けるべき事柄がいくつかあります。このページでは、そんな取引における注意点を4つにまとめてみました。

まず、一つ目は時間帯。2つ目はスプレッドコスト。3つ目と4つ目はスワップポイントの扱いに関するものです。特にスプレッドコストはマイナー通貨あるあるな重要事項ですね。以下に解説しますので参考にしてみてください。

  1. 取引時間は夕方から
  2. 取引コストが高いケースも
  3. 売り建てはスワップポイントの支払いに注意
  4. スワップポイントはFX会社次第

取引時間は夕方から

まず最初は取引時間に関する注意点です。メキシコペソはFXでもマイナーな分野の通貨ペアです。売買がメジャー通貨ほど盛んではなく、流動性が低いという注意点があります。
流動性が低いとどうなるか?

答えはスプレッドが広がるという問題が起きます。売買しようにも相手がいなければ取引が設立しないのですね。大きくスプレッドが広がり、ポジションを持った瞬間に大きなマイナスの金額から始める結果になります。

解決策としては、取引の時間帯を守ることが重要です。具体的には、夕方4時から深夜2時までの時間帯がおすすめです。この時間帯は、ロンドン市場とニューヨーク市場が開いていて、マーケットの売買が活発です。スプレッドもさほど広がらずに取引することができるでしょう。

取引コストが高いケースも

前述のスプレッドの話に絡みますが、FX会社によっては元々のスプレッドが広く設定されているケースもあります。理由は様々ありますが、カバー取引先が少ないFX会社ではスプレッドを広げざるを得ないケースが多いようです。

スプレッドが広いことは、取引コストが高いことだと言い換えて構いません。可能であれば、優秀なカバー取引先を持つFX会社を選びたいものですね。

スプレッドの目安はメキシコペソ円(MXN/JPY)なら、0.5銭といったところでしょうか。具体的には、マネーパートナーズの設定例です。最近のトレンドとして、各社ともスプレッドを狭く設定する傾向にはあります。そのなかでもマネーパートナーズはひときわ狭いスプレッド設定にしている点が魅力的です。

いくらスワップポイントが大きいメキシコペソとは言え、最初のマイナススタートは少なく始めたいものですね。一般のFX会社の中ではスプレッドが1銭近く広がるケースもあるようです。1銭と言えば10万通貨の取引で1,000円の取引コストになります。これは、はっきり言って、高すぎます。FX会社の選び方を考えましょう。

売り建てはスワップポイントの支払いに注意

少し変わった側面からメキシコペソを見てみましょう。売り建ての考え方です。

買いが魅力のメキシコペソとは言え、下落する局面も多々あります。そんな場合、FXトレーダーなら当然、売りで仕掛けるべきです。ただ、メキシコペソの売り建てには一つの難点があります。支払いスワップポイントです。

メキシコペソは、10万通貨で一日120円程度の支払いスワップポイントが発生する通貨ペアです。あまり長い期間の売り建てキープには向いていません。売り建てを狙うにも、仕掛ける局面はよくよく考えていきたいものです。

個人的な経験としては、売り建てで仕掛けると利益の1/3程度が支払いスワップポイントに持っていかれるイメージです。ペソ高が見込まれる昨今、ちょっと売りのタイミングはよく考えておく必要があるようです。

スワップポイントはFX会社次第

最後にスワップポイントをもらうケースの話です。やはり、スワップポイントが魅力の通貨ですから、買いで臨むのが基本戦略でしょう。その場合、FX会社はよくよく選びましょうという話ですね。

特にメキシコペソのようなマイナー通貨の場合、スワップポイントの設定金額もFX会社によってマチマチです。サービス精神満点のFX会社であれば高く設定しますし、別のキャンペーンに力を入れているFX会社であれば、安めの設定金額になっています。その辺の事情を理解できると、スワップポイントの恩恵を少しだけ高く受けることができるかも知れません。

スワップポイントは、以下の一覧表で確認することができます。管理人が毎月更新している表ですので、ほぼ最新版と言っていいでしょう。これを見れば、スワップポイントが高い会社・低い会社が一目瞭然ですね。

FX会社買いポジ売りポジ備考
更新日:2019.3.5
みんなのFX160-160取引単位:1,000通貨
マネーパートナーズ70-110取引単位:1万通貨
GMOクリック証券127-127くりっく365
ヒロセ通商180-380取引単位:1万通貨
OANDA Japan92-146取引単位:1通貨

FX会社の名前をクリックすると、各社の公式PRページを見ることもできますよ。是非とも、活用してください。以上、メキシコペソの取引で気を付けるべき4か条でした。

関連記事

  1. メキシコペソのトレンドは疑心暗鬼で始まる

    ペソ買いのFXトレンドは疑心暗鬼の中で育つ

  2. メキシコペソのFX基本スペック

    メキシコペソの通貨情報と利回り計算【FXスワップポイント】

  3. メキシコペソと日本円の関係

    メキシコのFX投資と円高・円安の関係

  4. メキシコ経済の2018年重要事項

    メキシコペソ2018年こうみる~重要事項まとめ

  5. メキシコ中銀と経済政策・金利誘導

    メキシコのインフレ率と中銀の経済政策

  6. メキシコペソ10年下落の要因

    メキシコペソが下落を続けた理由【暴落要因】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP